HOME > 事件 > 突如、暴れだした北朝鮮

突如、暴れだした北朝鮮

[PR] Amazonで手に入る 在宅ワーク 関連

今日までの流れ

2020/6/9 ブルームバーグ 北朝鮮が韓国との通信連絡手段を完全に遮断-ビラ散布に反発か

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-06-08/QBMOSOT0AFB601


私見 2020/6/14 ハシゴを外されそうな 韓国 の 文在寅 大統領

北朝鮮との融和を期待され大統領になった文氏。しかし最近の 北朝鮮 は 金正恩委員長よりも妹の金与正氏が共同連絡事務所の閉鎖や南北軍事合意の破棄を示唆(シサ)という強硬路線

閉鎖や破棄が実行されれば文大統領は面目丸つぶれ


2020/6/16午前の私見

北朝鮮 が軍備強化を示唆(しさ)したらしい。 韓国 は「問題ない」と言っているが中身はアメリカ頼み

このまま 第二次朝鮮戦争 が開戦されたら日本含め東アジアの情勢・経済の混乱は必至。トランプさんは「北のことを遠い国」と言っているので、あまり当てにはなりません。

 


2020/6/16午後 【速報】北朝鮮「爆破」の瞬間映像 北メディアが公式発表・FNNプライムオンライン

https://www.fnn.jp/articles/-/53229

映像では、北朝鮮の開城(ケソン)にある南北連絡事務所から煙が上がる様子を撮影したもので、黒い煙が確認

 

6/16 newsZERO 落合氏

「金正恩氏の姿が見えないのが気がかりです」


以上をふまえた私見

妹の 金与正 氏は発想が幼稚。連絡網の遮断、事務所の破壊。

日に日にエスカレートさせている意図として「韓国の団体のビラまきへの反発、というのは表向き」で「北朝鮮にかけられている輸出規制の緩和だと思われ、アメリカや中国、ロシアが動いてくれる」と思っているのかもしれませんが、どの国もコロナ対策で多忙。

 

ひょっとすると、食糧難、コロナ感染者の急増など「北朝鮮が切羽詰まった状況に陥った」可能性が考えられます。

 

ここまでくると、兄の金正恩委員長の方が温和で、「待つ」ということをしていたと思われますが、ここ最近で南北関係が危険域に達していると思いますので、北朝鮮のミサイル基地の動向を注視すべきです。

 

さらに「大ハズレの可能性はありますが」、以前、噂された重病説はデマとは言い切れないのでは?最悪死亡説も。金委員長の動向が報道されないのは不思議です