HOME > 未分類 > 厚労省の新型コロナの軽症者の宿泊・自宅療養における13の症状とチェック項目

厚労省の新型コロナの軽症者の宿泊・自宅療養における13の症状とチェック項目

[PR] Amazonで手に入る 在宅ワーク 関連

正式名称

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症の軽症者等に係る宿泊療養・自宅療養における健康観察における留意点について

別名

厚労省 新型コロナ 緊急性の高い13(12)の症状(チェック項目)

 

 

タップ(クリック)で拡大します

 

テレビの報道で見かけるこの表を、厚労省のサイトで探してもなかなか見つからなかったのですが、やっと発見。

 

ただし、この内容は「軽症者」が対象であり、ホテルでの療養または自宅での療養を求められた時に保健所などから配布される資料の模様です。

つまり、この資料は医療機関や各自治体、保健所向けの資料ですので、この画像や内容を見てご自分で判断されないように強くお願いします。

管理人は情報の提供までで、一切の責任を負いません。ご自分の健康と命はご自身でお守りください。

 


【緊急性の高い症状】

表情・外見

顔色が明らかに悪い ※
唇が紫色になっている
いつもと違う、様子がおかしい ※

 

息苦しさ等

息が荒くなった(呼吸数が多くなった)
急に息苦しくなった
生活をしていて少し動くと息苦しい
胸の痛みがある
横になれない。座らないと息ができない
肩で息をしている
突然(2時間以内を目安)ゼーゼーしはじめた

 

意識障害等

ぼんやりしている(反応が弱い) ※
もうろうとしている(返事がない)※
脈がとぶ、脈のリズムが乱れる感じがする

 

※は家族等が確認した場合


この資料があった場所

厚生労働省

自治体・医療機関向けの情報一覧(新型コロナウイルス感染症)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00088.html