HOME > そこまで言って委員会 > 7/19 そこまで言って委員会NP

7/19 そこまで言って委員会NP

Q.持続化給付金でなぜ電通が関与したのか?

A.

竹中平蔵氏

・日本はアメリカに比べ公務員の数が6割。

・迅速に給付しようと思うと人手が足りないので、外部に委託するしかない。

・サービスデザイン協議会はあってもなくても同じ。

・予算のおよそ10%は管理費として必要

・だから公務員だけが給付した10万円給付は遅い。持続化給付金がそれなりに早いのは外部だから

辛坊氏

・サービスデザイン協議会をかました理由は、電通へ直接委託すると批判が出るからと大臣が言ったな

 

Q. GoToキャンペーンについて

A.

丸田医師

・重症者が横ばいかやや上昇

・風邪っぽいと診察をしてPCR検査に出したら陽性になる確率が高くなってきた

・1波が収まって医療現場はやれやれ、と思っている時に、経済を回すためにGoToってどういうこと?何かあったら医療現場で診ろというのはちょっと納得できない

 

宮沢孝幸氏

・感染者がゼロなど少ない地域では今後、感染者が増える可能性がある

 

Q.自動車産業について

A.井上久男氏

・最近の自動車販売はネットが多く、1回、店舗に訪れるかどうか。

・テスラはスマホのような車で、ソフトウェアをひんぱんにアップデートしているので、新機能がどんどん追加されている。また、テスラはネット販売に力を入れている。

・スズキは軽四の面でインド、スバルはデザインの面でアメリカで人気がある。特色のあるメーカーは生き残る。

・日産自動車が大変。自動車業界は売れても売れなくても日々、費用がかかるので、それなりのキャッシュが必要。ゴーンは逃亡先で「日産は2、3年以内で倒産する」と明言

・日本は、ソフトとハードの融合が難しく、規制が厳しいので衰退する。たとえば「ソフトをアップデートしたら車検を受けろ」と国交省が言いかねない。

 

Q.自粛したお店や企業に対し

A.

USJを復活させた森岡毅氏

「経済を回すために健康な人は働いて、感染リスクが高い人は自粛すべき。政府の緊急事態宣言でいち早く休業した企業や店が多すぎ。私が関与している施設は宣言が出る直前まで営業していた。お店や企業が倒産したら、収まった時に働く場がなくなる自体ですよ」

→私見:気持ちは理解できるが、自分の店で感染者が増えた場合の責任を回避したいから休業したお店も多かったと思う