HOME > そこまで言って委員会 > 5/10 そこまで言って委員会NPより

5/10 そこまで言って委員会NPより



アフターコロナの「国際秩序」について

 

●吉村府知事の提案 「コロナによって休校となった今の子供たちの授業日数を確保するために、今から来年の9月までを1年分とすべき。だからこそ9月入学を。海外留学者にも好都合だ」

私見→「今の子供たちの授業日数」と「9月入学」の議論は分けるべき。両方を同時に解決しようとするから、話が複雑化

 

 

●辛坊委員長「大阪府外の人は見えづらいでしょうがもし 松井大阪市長が色々言っていたら吉村さんはここまで実現できなかった」

吉村府知事 「そう。松井市長 が一歩下がっているからです。松井のおっちゃんはすごい人。彼こそ政治家であり党の代表です。過去に短い期間、議員の経験がありますが私はもう、議員はやりたくない」

 

●丸田医師「日本の死亡者は世界と比較して少ないこと。これは褒めるべきですよね?それなのに、メディアがその点を評価しないと、”もっと頑張ろう”という気持ちが続かない。総理も評価しているが心に伝わらない」

吉村府知事「もちろんです。日本国民の自粛の効果で死亡率が低いのは確かで評価されるべきです。今の政治家は”自粛してくれる”という国民に対する甘えがあると思います。あとはPCR検査を増やして陽性率を上げないことに全員で努力すべき」

 

 

●WHOのトップを「中国寄りの人」にしたこと、この責任は各国にある。

 

●コロナではないが、中国のある学者がクローンの動物の死体を市場に横流してお金を稼いでいた。その学者は捕まって裁判にかけられるが、推測ですが、今回のコロナも「動物の横流しで市場から広まった可能性がゼロではない」

・張景子氏「新型コロナウイルスは人工的ではないと海外で証明されています」

→4/26の放送で辛坊氏がウイルス専門の研究機関に訪問し話を伺った話 ウイルス遺伝子を調べると「起源が人為的かコウモリかはもはや不明。ただ人為的に作ろうと思えば作れるウイルスだと判明」

 

 

●他のコメンテーター「新型コロナの件で、サプライチェーンとしての中国から撤退する国が増える可能性あり。また、中国は支援だと称しながら弱い国にお金を貸し返せなくなったら軍港等を搾取している。徐々に覇権を広げていくだろう」

張景子氏「覇権なんしてしてません。だったら日本やアメリカが援助して、中国の支援をじゃますれば良いじゃないですか?

→私見:日本が中国のように大金が用意できない国とわかっていて、「ジャマすれば?」と言っている時点で・・・

 

 

●金正恩 委員長の肥料工場視察ビデオ映像について

※北朝鮮に詳しい記者の方より

・死亡説が出てきたのは「心臓病を患っている」という情報があったからと思われます。

・影武者にしては似過ぎ。130kgも声紋から判断して本人だろう

・カテーテル手術痕あり。心臓病疑い。ただし、心臓カテーテルにしては「痕の位置」がおかしいのと、通常なら4日で退院できるのに2週間は長い。

・金ヨジョン氏が後継の可能性

・近くにウラン鉱山あり。本来の視察の目的は肥料ではなくウラン工場では?という見方あり

・Q. 北朝鮮は新型コロナ感染者がゼロということだが、かかった人は処刑された?

A. 処刑されたという複数の情報筋がありました。

・あの映像そのものが元気な時の映像ではないかという説も

→私は「元気な時の映像」という見方をしています。

 

●張景子氏「日本は中国とアメリカに対しダブルスタンダードなのでは?アメリカを信用し過ぎるのは危険では?」

辛坊委員長の意見などをまとめると

Q.日本は中国とアメリカ、どちらと仲良くすべき?

A.社会主義の中国よりも同じ民主主義のアメリカと仲良くしたいと思う人が多いだろう。

 

丸田氏「日本単独で防衛するにはお金がかかるので、今は米軍に頼るべき」

→同意