HOME > そこまで言って委員会 > 3/15 そこまで言って委員会NP

3/15 そこまで言って委員会NP


個人的なメモです

 

■新型コロナウィルスに対する日本政府に対し

医師である丸田さんの評価は

「おおむね評価するが、以下はマイナス評価」とのことでした。

x 初動の入国制限はもっと早くすべきだった。

x クルーズ船の乗客2週間経って降ろした。船内隔離できていないはずなのに。

x 中韓からの帰国制限の発表から実施まで2日あった。感染を完全に防ぐなら2日ではなく、発表後、即制限すべきだった

 

■憲法の改憲は必要か不要か?

・憲法9条を普通に読んだら、自衛隊は違憲だよね。

 

■田嶋陽子氏の韓国に対する考え方

(田嶋氏のように)戦前、戦中生まれは韓国に寛容

一方、戦後生まれは韓国に厳しい

とでも言いたそうでした、

 

また、ゲストのある方が

「あの国(韓国)は会話が通じる相手ではない」

田嶋氏「そんなことはない、私はずっと慰安婦問題をやってきた」


私見

・生まれの戦前戦後は関係なく、人それぞれで韓国に対する考え方は違うと思います。

また、韓国の話題になると、全く関係のないテーマであっても必ず慰安婦問題のことを口に出す、田嶋さん。

慰安婦問題において、日本人の大半が知っている「慰安婦はいたが、強制はなかったという事実」を田嶋さんは「強制があった。あの女性らがそう言っていたじゃない。それに私も調べた。だから私が正しい」と、そもそも見識が異なります。

他者の意見を受け入れない「田嶋さんこそ、話が通じる相手ではない」と思います。

 

・憲法については、まず「自衛隊の存在を認めてあげるべき」と思います。というと「軍隊」という単語を使いたがる人がいますが、

まず、東北の震災、西日本豪雨など、大災害の時は救出および支援活動をしてくださっています。また、空や海の領空領海を守ってくれています。

それなのに「違憲状態であり、拡大解釈をしたうえで自衛隊が存在している」というのは、隊員の皆さんに失礼だと私は思います。

戦争をするための改憲ではなく、存在を認めるための改憲は必要だと思います。