HOME > そこまで言って委員会 > 3/1 そこまで言って委員会より

3/1 そこまで言って委員会より


■新型コロナウィルス

1 丸田女医

・クルーズ船の厚労省の職員は良くやったと思う。ただ日本政府のクルーズ船の封じ込めと、海外からの水際対策は失敗したと思う。だからこそ、日本政府は拡大を抑えるしかない

 

・同じ人2度が感染した女性の話ですが、その人の体調つまり体内でウィルスが一度減少したがまた増殖したといったことが感がられるが、私は「1回の検査で陰性」があやふや(たまたま)だったのではないかと思う。自宅で待機されていたので再感染は低いと思う

 

・人と接触させないという日本政府の方向性は正しい。私も子を持つ親で、親御さんが困るのはわかる。

・医師が肺の画像検査など複数の検査をし重症と判断した時だけPCR検査をすべきで、軽症の人が安易にPCR検査を要望するのは避けて欲しい

・特効薬はないから、本人の自然治癒しかない

・厚労省のHPを見てコロナ以外の病人も4日間熱を計測させている、つまり自宅待機させているのが医師として心配。つまり、他の病気も含めその間に悪化しないか心配。

・特効薬ができて、一般的なインフルエンザのように「普通に診察できる」体制になれば、我々医療従事者も診察しやすい。あまりにも世論が「怖い」という状況になっているので、我々も防護せざるを得ない。

・SARSの時、2か月で終息しているので、今回もそろそろ(終息)ではないかと。

 

 

2 辛坊委員長

・ニュース映像で「シニアがクリニックに行ってPCR検査を受けたいと言って、医師が保健所に電話をしてつながらない。医師は”仕方がないので自宅で安静に”、と言うしかなかった」という映像を朝から晩まで放送しているのは、マスコミのミスリードではないか?

 

 

3  張景子氏

・中国人の多くが世界の人に対し、申し訳ないと思っている。また、日本に対しマスクをありがとうと思っている」

 


番組の感想

・丸田女医の話をしっかりと聞きたかったのに、周りのコメンテーターによる割込みが多いのが残念だった。

・張氏の過去の発言は「中国政府寄りが多かった」ので、中国の方がそう思われているのが真実かもしれないが、彼女が話すと「それ本当?」と思ってしまう