HOME > 事件 > 津山女児殺害犯、無罪を主張

津山女児殺害犯、無罪を主張


この記事の初版2019/9/13ですが、追記しました。

 

■2020/9/20更新 証拠開示 地裁に申し立て 山陽新聞 紙面より抜粋

・弁護側が岡山地裁に対し、事件前後の被告の足取りに関する証拠の開示を検察側に命じるよう申し立てたことが9/1、分かった。

・弁護側が求めているのは勝田被告の車が自動車ナンバー自動読み取り装置(Nシステム)の通行記録。逮捕後の調べで、当時住んでいた兵庫県加古川市から車で津山市まで訪れたと説明したとされているため、弁護人は「その記録がなければ犯人性を示す客観的な証拠の不足にほかならない」と指摘。

検察側は記録の有無に関する回答を含めて開示請求に応じていない。

→9/19 証拠開示の申し立てを岡山地裁は棄却した(毎日新聞より)

 


■2019/9/13 津山女児殺害 無罪主張へ 被告の供述信用性争点・山陽新聞

https://www.sanyonews.jp/article/938427

抜粋

勝田州彦(くにひこ)被告(40)の弁護側が、公判で無罪を主張する方針を固めたことが9/12、関係者への取材で分かった。

被告は逮捕後の調べに「首を絞めて刃物で刺した」との趣旨を供述していたが、その後に殺害行為を否認。凶器など有力な物証も得られていないとされ、公判では犯行を認めた捜査段階の供述の信用性が重要な争点となりそうだ。

被告の弁護人は取材に「事件当時、被告が現場にいたことを含め、犯行を裏付ける直接的な証拠が示されていない」と無罪主張を決めた理由を説明。

 

私見

うろ覚えですが、逮捕直後は素直に自供していたのに、弁護士に「(他の事件のこともあり)死刑になるかも」と言われて、急に供述を変えたように思います。

※違っていたらご容赦。ただし、この容疑者は、他県でも児童を狙った事件を重ねています。

 

いずれにせよ、物的証拠がなく、状況証拠のみという大変厳しい状況ですが、亡くなった女児、ご遺族のために世間が何ができるのか?

 

私はクロと思っているので、罪を償うべきと思いますし、それを願うことしかできません