HOME > TV > ガキ使で話題になったゴブレットゴブラーズ

ガキ使で話題になったゴブレットゴブラーズ


2018/11/18放送の「ガキの使いやあらへんで」「第3回チキチキ世界のテーブルゲームを遊び尽くせ」で取り上げられたゲームの一つが、このフランス発のゴブレットゴブラーズ。

基本ルールは2人対戦でオレンジが青のコマに分かれて、たて・よこ・ななめ、どれでも良いからラインが完成すれば勝ちという「三目ならべ」。

五目並べやオセロと違うのは

・小さいコマは大きいコマに食べられる、重ねられる

・一度置いたコマも、隣のマスへ移動できる

という点。

そのため、手持ちのコマでラインを作ることに集中していると、ボード上のコマを盗られたり、相手が先にラインを作ったりするのが面白いと思います。

 

さらに詳しいルール、たとえば「一度重ねた大きいコマを動かし、中のコマの色でラインを作る」などは

正規輸入代理店・ボードゲームの店「すごろくや」さんのサイト

http://sgrk.blog53.fc2.com/blog-entry-3687.html

※同店のサイトを読むと「日本語説明書付き」らしいのですが、くわしくは同店にお尋ね下さい。ちなみに同店で販売されているゴブレットゴブラーズ(日本語版)は2750円(直販価格・編集時)でした。

 

こちらの、同店がアップされたゲーム紹介動画でもルールがわかります

https://www.youtube.com/watch?v=fiKI78LPa3w

 

ちなみにアマゾンでも数種類、販売されている模様で以下がそのうちの3品。どれがガキ使で使われた商品なのかは不明です。

 

補足

Amazonのシステム変更によりAmazonマーケットプレイスの詳細が見れないブラウザがあります

管理人は「ブラウザのMS-Edgeで閲覧」すると、以前と同様のスタイルで見ることができることを確認しています。

 

前述の正規輸入代理店「すごろくや」がamazonで出品販売されている

A ゴブレットゴブラーズ (日本語版)

 

下の2品については、前述の代理店の商品と異なる部分があります。

・一部の商品は海外からの発送です。

・中華人民共和国の商品は安いです。

そのため偽物の可能性がありますのでご注意下さい。

※小さい部品があるので幼児はご注意を。対象は5歳以上とのことです

 

B Gobblet Gobblers (2015 Version)

販売しているお店の「あくまでも一つ」ですが発送元がアメリカです。

タップ・クリックで拡大します。

ゴブレットゴブラーズの発送元がなぜかアメリカ

 

 

※理由はわかりませんが、Cが最安です。

C Gobblet Gobblers ボードゲーム 家族の親子チャイルド玩具のラインナップ ファミリーゲーム おもちゃ

販売しているお店の「あくまでも一つ」ですが発送元が中華人民共和国です。

タップ・クリックで拡大します。

ゴブレットゴブラーズの発送元がなぜか中国

 

※並行輸入品は箱にダメージや、日本語説明書が無い可能性があります。

画像の著作権(C)ボードゲーム店すごろくや

初版:2018/11/21

 

関連記事

ガキ使・2019/9/29・テーブルゲーム

菅田将暉さんがAスタジオで話したカードゲーム